日本はしきたりやマナーが多い国と言われています。お葬式の時もそうです。
いろいろな言葉があります。気になったのは「葬祭場(そうさいじょう)」と言う言葉。これは何(あるいはどこ)を示しているのでしょうか?
これは別名「葬儀会館」や「斎場」とも呼びます。今回はこの場所の意味について解説していきたいと思います。

簡単に言うと「葬祭場」とは「お葬式という儀式を行う場所」(通夜と告別式を行える)のことをまとめて指します。
公営の施設や民間の施設など「葬祭場」と言っても会場の種類は様々だったりします。
大きくくくると、「公営」「民間」「寺院」「自宅」「集会場(地域の)」などがあります。
場所によりますが、中には火葬場も併設になっている施設もあります。
最近では、民間の式場で俗にいう「セレモニーホール」と呼ばれる会場もあるのですが、そこでの葬儀が増えてきて主流になりつつあります。

中には、地方によりお葬式をとり行えるような施設が無い地域もあります。そんな時は、公民館の一室を葬儀場としてお借りすることもあるようです。
その会場もその地域で開いていたらどこでも使えるというワケでは実はありません。というのも頼む葬儀社により使える会場が違うのです。
つまり頼んだ葬儀社の管轄になっている葬祭場で無いと式を執り行うことができないのです。
ということで理想とする葬祭場を取り扱っている葬儀社をしっかりと見つけることが1つ鍵になると言えるでしょう。

大都市圏の葬儀社では、特定の葬祭場を持たないところもあります。
そこでは、依頼を受けてから葬儀社が葬祭場に連絡し、会場を押さえるというパターンもあるそうです。
ちなみに一般的には「斎場」と呼ぶ事が多いそうなので、斎場と言われたら葬祭場のことだと思っていただけたら良いと思います。

自分の大切な人を見送るための大切な場所ですから後悔しないところを選びたいですよね。
良い葬祭場で葬儀をするということは、充分な下調べも必要と言うことがわかりました。
葬儀の基礎知識ならよくある葬儀の疑問辞典というページがおすすめです。みなさんも是非参考にされてみてはいかがでしょうか?